自筆証書遺言がある場合

自筆証書遺言を発見した場合、絶対にその場で開封してはいけません。

自筆証書遺言は、裁判所で検認手続を行い、その手続中で開封する必要があります。

当事務所では自筆証書遺言の検認手続のサポートも行っております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

※検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

自筆証書遺言がある場合の当事務所での相続手続きの流れ

1.お問い合わせ、ご相談

お問い合わせ、ご相談は、電話、メール、面談で承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

2.打合せ、面談

手続の流れや必要書類などをご案内いたします。
費用の概算につきましても、併せてご案内させていただきます。

3.相続関係の確認

相続関係を確認するため、戸籍謄本等を取得します。
当事務所にて取得を代行することも可能です。

4.家庭裁判所での検認手続き

家庭裁判所で検認手続を申立てます。
検認手続きは、相続人の立会いのもとで行われます。

5.不動産の名義変更、預貯金の解約

遺産分割協議の内容に基づき、相続登記(不動産の名義変更)をいたします。
預貯金の解約も当事務所で代行することも可能です。

6.書類の納品

手続きが完了後、書類を納品・ご返却させていただきます。

公正証書遺言がある場合

公正証書遺言の内容を確認し、相続手続を行うことになります。

また、被相続人(亡くなった方)が公正証書遺言を作成していたかどうかを確認する方法もあります。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

公正証書遺言がある場合の当事務所での相続手続きの流れ

1.お問い合わせ、ご相談

お問い合わせ、ご相談は、電話、メール、面談で承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

2.打合せ、面談

手続の流れや必要書類などをご案内いたします。
費用の概算につきましても、併せてご案内させていただきます。

3.相続関係の確認

相続関係を確認するため、戸籍謄本等を取得します。
当事務所にて取得を代行することも可能です。

4.不動産の名義変更、預貯金の解約

遺産分割協議の内容に基づき、相続登記(不動産の名義変更)をいたします。
預貯金の解約も当事務所で代行することも可能です。

5.書類の納品

手続きが完了後、書類を納品・ご返却させていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください

相続手続きは時間と手間がかかることが多いです。
豊川市や豊橋市などの愛知県内、静岡県湖西市、浜松市で相続手続きでお困りの方は、お気軽にご相談ください。