民事信託(家族信託)とは

まず、信託とは、財産の「管理」と「承継」に利用することのでき制度です。
委託者が自分の財産を受託者に託し、受託者は受益者のためにその財産の管理・運用・処分を行います。また、信託の終了後は、指定された人(帰属権利者など)に財産が承継されます。
信託のうち、家族のために利用する信託を民事信託(家族信託)と呼んでいます。

用語の説明

民事信託(家族信託)で知っておきたい用語の説明です。

委託者 財産を受託者に信託する人
受託者 信託された財産を管理・運用・処分する人
受益者 信託された財産によって利益を受ける人
帰属権利者 信託が終了したときに残った財産を受け取る人
信託監督人 受託者の管理等を監督する人
受益者代理人 受益者が利益を受けることができるように手伝う人

他の制度との比較

財産管理のための制度としては、民事信託(家族信託)のほかに、後見制度(法定後見・任意後見)があります。
財産承継のための制度としては、遺言があります。

財産管理 財産承継 身上保護
民事信託
(家族信託)
×
後見制度 ×
遺  言 × ×

これらの制度は、それぞれの制度で特徴が異なるため、どの制度を利用するのが良いのか、よく検討する必要があります。また、場合によっては、これらの制度を併用することもあります。

民事信託(家族信託)を活用した財産管理・財産承継

民事信託(家族信託)は次のような場合に利用できます。

1.高齢な親のために

高齢な親のために、自宅やアパートなどの管理を任せたい場合に利用できます。

2.障がいのある子のために

障がいのある子の親が亡くなった後(親亡き後)、財産管理を通じて子の生活を支援するために利用できます。

3.先祖代々の不動産を承継していくために

先祖代々の不動産を、次の世代に承継させていきたい場合に利用できます。

4.事業承継のために

自社株を後継者に引き継ぐための方法の一つとして利用できます。

お気軽にご相談ください

当事務所では、民事信託(家族信託)だけでなく、遺言、後見制度などを利用した終活・生前対策、相続準備のお手伝いをしています。

終活・生前対策、相続準備は、早めに始めれば利用できる制度は色々あります。しかし、判断能力が低くなればなるほど、利用できる制度が限られてきます。

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください。

 

司法書士・行政書士いけだ事務所では、愛知県豊川市、豊橋市、蒲郡市などの東三河、愛知県内、静岡県湖西市などで、不動産や会社・法人の登記手続きを中心に、相続関連業務(相続登記、遺言の作成など)、終活・生前対策(民事信託の活用、各種契約の活用など)、会社法務、事業承継などのお手伝いをしています。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

〒442-0069 愛知県豊川市諏訪西町二丁目4番地 ルームすわにし102

0533-56-2027
(受付時間:平日9:30~17:00