愛知県豊川市の司法書士・行政書士いけだ事務所です。 

古物営業法及び施行規則の一部改正に伴い、全面施行日までに主たる営業所等の届出を出さなければ、現在お持ちの許可が無効になってしまうかもしれません。

今回は、そんな主たる営業所等の届出についてです。

1.古物営業法及び施行規則の一部改正

平成30年4月に古物営業法及び施行規則の一部が改正され、2段階に分けて施行されます。

1段階目

平成30年10月24日に既に施行されました。

2段階目

改正法の公布の日(平成30年4月25日)から2年を超えない範囲内において政令で定める日(全面施行日)から施行されます。
なお、2段階目の正確な施行時期についてはまだ決まっておりませんが、遅くとも、令和2年4月までには施行されます。

令和2年4月1日に施行されます。

 2.改正の概要

近年、複数の都道府県で古物営業を営む方が増え、営業に必要な申請手続き等の簡易化を求める要望が行政に寄せられたことから、有職者会議等を経て、次のような改正がなされます。

1段階目

▷ 営業制限の見直し

▷ 簡易取消しの新設

▷ 欠格事由の追加

▷ 非対面取引における本人確認方法の追加

▷ 帳簿の様式関係

2段階目

▷ 許可単位の見直し

 4.旧法許可に関する経過措置(主たる営業所等の届出)

現在の法律では、営業所が所在する都道府県ごとに古物営業の許可を受ける必要がありましたが、今回の許可単位の見直しに関する改正により、主たる営業所等の所在地を管轄する公安委員会の許可を受ければよくなり、その他の都道府県に営業所を設ける場合には届出で足りるようになります。

それに伴い、旧法許可を取得している方は、全面施行日より前に、「主たる営業所等の届出」を主たる営業所又は古物市場の所在地を管轄する都道府県公安委員会に届け出ることよって、新法許可を受けているとみなされます。

旧法許可を取得している方は、「主たる営業所等の届出」を出して、新法許可を受けているとみなされないと、全面施行後は古物営業を営むことができなくなりますので、ご注意ください。

 5.当事務所の取扱業務

当事務所では、古物営業にかかる書類の作成などを行っております。

豊川市・豊橋市で、古物営業に関する許可でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。